Makin’ Me Fall in Love Again

私にとってのメインの楽器は

究極的にアナログな・・・声。

そのせいか、私は機材もアナログ系との相性がいいような気がする。

珍しく機材の話。

そんな書き出しで、この曲?(笑)。

いわゆるDTM・・・コンピューターでの音源制作には向かない性格のようで、つまみやスライダーをいじっているのがたまらなく好きである。気に入った機材はいつまでも使う。ギターも同じく。宅録歴もハンパではないし、密度も普通より濃い方だと思う。だから、コンピューター制御のシステムでまとめやすくしたいと思うのも不自然ではないはず・・・。

が、しかし、イマどきのシーケンスソフトやPro Toolsなどには惹かれない。縁を感じない。MIDIの接続は使っても、MIDIファイルに打ち込みをしたことはない。人との互換性もそれだけ限られてしまうのはわかっている。だから、せめてオーディオファイルは使いこなせるようになって、ネットを介してのコラボを可能にした・・・。

愛着があってもなくても、道具は道具。自分の使いやすいものが一番だと思う。何を使って作った音かはどうでもいい。作られたものが心を動かすなら、ノイズ満載でもかまわない。でも、ぶっちゃけた話、DTMやMIDIを上手に操る人には限りなく感服している。すげえ(笑)と思う。

私の“スタジオ”はハードのコンポーネントで構成されているので、場所もとれば、設定や点検にも時間がかかる。もちろん制作にもそれだけ手間がかかることにもなる。そういう時間が私にはオアシスなんだろうか(・・? そう鴨(笑)。

私は3年前にしばらく戻っていた日本から再びアメリカに帰ってきた。日本にいる間に体を壊してまで働いてそろえた録音機材を持ち帰ったが、ハードの山を広げてすぐにスタジオの立ち上げはできない状況にあった。諸々の事情で音が作れない環境は許容範囲にはないため、暫定システムとして、一台あればまかなえるデジタルのポータスタジオなるものを購入し、ここ2年半ちょい制作してきたが、もうすぐ丸3年目の引越記念日をこの初夏にひかえ、今年のはじめにやっとスタジオ再構築に着手。古い機材が多いせいもあって予想外の問題連発(>_<)。難航しながらも、やっと試し録りができる程度にまで立ち上がってきて、1・2曲録ってみたところ・・・で、今日の出し物につながる(笑)。

3年近く離れ離れで会えなかった恋人に出会ったようで、私は自分のスタジオ・システムにあらためて首っ丈状態になってる・・・新しい相手でもないのに、うかれてる(笑)。問題はこれからだというのに・・・3年のブランクでさび付いた感覚を取り戻して、新しい制作に入ること、そのためや創作の時間をもっとしぼり出すこと・・・そんなことが待ち構えている中、いい気なもんで、個々の電源を入れ、つまみを回し、スライダーをあげて、卓を通して自分の声やギターを聞く度に、ウキウキする。

3年待ったんだから・・・いいか!・・・暢気な自分を笑っている(^^)。

—————————————-

今日の出し物  “Makin’ Me Fall in Love Again”  / written, performed & produced by kaje

今日のイメージ おなじみのみんと作のkajeのアイコンが普通じゃない状態(笑)。DLはそこから!

—————————————-

2010/5/1 DL配信は終了しました。

広告

Makin’ Me Fall in Love Again」への2件のフィードバック

  1. kajesjk より:

    みんとく~ん、コメントありがとう。
    “創る”という概念は創ろうとするものが異なっても、普遍的で共通しているよね。
    とかなんとかいって、今回も含めて、みんとの絵を使っていつもコンピューターで
    遊ばせてもらっちゃってますがぁ(^^ゞ。

    いいね

  2. みんと より:

    音楽と絵は、似てる部分が多い気がします。
    絵の世界も、どんなにパソコンで絵が描けるようになっても
    「手描き」という手法はなくならないし(^^)
    で。
    この曲、好き!

    いいね

コメントは受け付けていません。