I Thee Wed

for I Thee Wed“I thee wed”とは、英語圏のキリスト教の儀式で、結婚という絆を結ぶ誓いの言葉。

この古い文語体のフレーズはあらゆる意味でその誓いの重みを感じさせる。

結婚観は人それぞれ・・・

カトリック教徒の家庭に嫁いだ私はこの言葉の誓いでその絆を結んだ・・・そして、何かにつけ、何度となく、初めてこの言葉を口にしたあの瞬間が刻まれている心の奥で、その言葉をくりかえしている。

————————————-

今日の出し物  “I Thee Wed”  written, performed & produced by kajé

歌詞+対訳今日のイメージ  “I Thee Wed” song icon designed by kw

(フルバージョン、192kのDLファイルはこのアイコンから)

2010/5/1 DL配信は終了しました。

==========================

何気に告知(笑)・・・みんとふぁくとりーの来年のカレンダーが発売されます。右上のご案内あひるをクリックしてみてくださいまし・・・お詫び・準備中に非公開にしていたので、このブログ公開直後、告知板・掲示板はちゃっかり隠れたままでした┐(‘~`;)┌m(__)m!。

広告

I Thee Wed」への4件のフィードバック

  1. soramame より:

    kajéさん、とても素敵な曲ですね!先週末に予想もしないところでお友達になれたものです。最近慣れない子育てに追われているので結婚式を挙げたときの新鮮な気持ちとかは思い出すことはあまりというか全然ありませんでした。反省です。もう少し旦那さんにも優しくならなくちゃ!(笑)

    いいね

    • kajé より:

      soramameさん、いらっしゃい!!! 
      先週末はホントに嬉しかったし、楽しかったね! 
      またここで再会できて、るんるんしてます(笑)。
      この曲聞いてそんな風に思ってくれたことも・・・

      ここは迷路みたいで、ブログの付録のページのそれぞれにもいろいろな歌が埋め込まれていたり、宝探しの秘密のリンクが隠れていたりするから、時々気晴らしに遊びにきてね・・・ご主人にも可愛いお譲ちゃんにもよろしく! 
      お互い、よいクリスマスシーズンを迎えましょう(^-^)

      いいね

  2. kawasathihiko より:

    “I thee wed”してからうちは今年で30年。カソリックでもプロテスタントでもなかったが、清里の小さな教会で頼み込んで無理矢理式を挙げてもらった。インスタントではなく、何日かその教会で結婚講座とか言う特別の教えを受けさせてもらってのこと。式は二人だけ、花が何もない季節だったのでブーケの代わりにそこらで摘んだ雑草の束を持っての式だった。とにかく金がなかったんだ。思っていたよりも滞在で金を使ってしまったので、御礼に渡すつもりだった金も半分くらい滞在費に消えてしまい、きっと神父さんはあとでがっかりしたんじゃないかなあ。・・・と思ったので、この間少し寄付をしに30年ぶりにその教会に行ってきたんだ。もう、無人の教会になっていたけど、日曜の礼拝はしているらしく、募金箱はあったのでそこに少しね。
    長くなっちゃったけど、そんな昔のことを思い出させてくれたよ。

    いいね

    • kajé より:

      kawaさん、すごく素敵なお話・・・聞かせてくれてありがとうございます。
      真珠婚ですね・・・おめでとうございます! 来年追いつきます!(笑)
      神父さんはね、きっとkawaさんたちの気持ちわかってくれてたと思うなぁ。
      そんなことを思い出しながら、聴いてもらえて、とても嬉しいです!

      いいね

コメントは受け付けていません。