Twist of Fate

運命との絆は私たちの手の届かないところでがんじがらめに結ばれている。Twist of Fateとは“運命のいたずら”という意味・・・

願うような展開なら予想外もいいとして、とんでもないねじれ方をした展開に出くわし、自分ではどうしようもない時は、私は運命の所為にしてしまう(笑)。

思い通りにいったことは何もないが、こうあってほしいと思う方向に向いた時には自分の手柄(爆)・・・

本当は運命なんて人の思い込みでしかないのかもしれないし、もしかしたら、運命は私たちが生まれた瞬間に死ぬまでの道が決められているのかもしれない。どちらにしても、その絆は見ることも確かめることも出来ない摩訶不思議な“つながり”・・・それが“縁”というものなんだろうと思う。思い通りになるとしたら、楽にはなるとしても、生きることの面白みには欠けてしまう気がする。今日も昨日と同じだったと思うのは単なる偶然。そして、偶然もまたきっと運命のいたずら・・・

昨日や今日の出来事を目安には出来ない未知の明日がまたやってくる。

——————————————-

今日の出し物 “Twist of Fate -2k8 fate mix”  / written, performed & produced by kajé

今日のイメージ “Twist of kajé” / base illustration by mint / designed by kw (いつものようにここをクリックしてフルバージョンのDLを。muzieでもDLできるバージョンですが、ここでは、320kのハイビットレートのMP3をDLして頂けます。)

2010/5/1 DL配信は終了しました。

——————————————-

“collaboration collectibles”に、jakanm、Watumi君とのトリオコラボの作品を追加しました。回り道してみてください!

広告

Twist of Fate」への10件のフィードバック

  1. kajé より:

    kawa先輩、あなたの後輩は元気ですよ、安心してください。
    ちょっとだけ凹み気味だった鴨?なんだけど、犬と肥溜めで解消しました!
    凹んでるのがバカバカしくなっちゃいますってば・・・(笑)。
    それに、ここはアクセス数と一緒で格調も高くはありましぇん!(笑)
    でも、また遊びに来て、くそっ!仕事になんねぇ!とかムカつきながら、
    いつまでもたむろしてってくださいな(笑)。自重なんてしないでね(^_-)-☆

    koke先輩も同じく・・・ありがとうございます!!
    毒そば・・・食いてぇ(涙・・・よだれ?)(爆)。

    いいね

  2. kawasathihiko より:

    おっと、格調高い kajéの音楽空間を俺たち二人で(ん、俺だけか?)荒らしてしまった(反省)。
    ほかのみんながひいてしまったんじゃない?
    ほんとうにすみません!
    かわいい後輩が、ちょっと沈んでるのかな・・・?っと、思ってね!
    自重します(大反省)。
    みんとさん、みゅーさん、ちまきさん
    よろしくおねがいしますね!

    いいね

  3. kawasathihiko より:

    おいおい今度は田舎比べかよ(笑)!

    それならこういうのはどうだ!!
    家の近所の公園の隣の家には“肥溜め”があって、うちの犬が見事にそこにはまってしまったことがあった。引きずり出してあげたのはいいんだが、犬の習性で上がったとたんに、“ブルブルッ・ブルブルッ・・・”とやったもんだから、周りのものはみな巻き込まれてしまった(爆)。
    30キロはある大型犬だったものだから、それはもう、被害は甚大!服といわず、頭といわず、顔といわず、口の中といわず・・・「あっ、やめ・・・」っと、いわないうちにやられてしまったんだ。
    犬もみじめだったが、その犬と同じ格好で、とぼとぼと街中を引き上げていくときのみじめったれさといったら(泣)!

    これにはかなわないだろう(大爆)。

    いいね

  4. Koke より:

    そうか、見晴らし具合はKajeの勝ち!か。
    でもなぁ、「毒そば」はないだろう!、、いなかの味と匂いだ。
    そうだ!毒そばならぬ”毒パスタ”なんてのがあったら
    Fine,fantastic! だな。(あったりして、、(笑)

    いいね

  5. kajé より:

    両先輩、なんだか漫才パターンが確立されつつあったりします?(爆)。
    素敵に田舎でしたよね・・・母校は・・・それでも今私がいるところに比べたら
    すんげえ(笑)都会だったけど・・・一緒のお越し、めっちゃ嬉しいです(^O^)!

    いいね

  6. Koke より:

    いなか、田舎でしたね。
    悪遊びもしたな:棄てられてたスーパーカブで田んぼの畦道を無免許暴走!!。振り返れば西陽に輝く西高校舎、、。最高でしたね。kokeも「いなか」してましたよ。

    いいね

  7. kawasathihiko より:

    「稲刈りの時期になるとお休みされていた」・・・大爆!

    俺たちどんな田舎の学校に通ってたんだ!

    確かに、納得!・・・またまた(大爆)

    癒されるなあ!

    いいね

  8. kajé より:

    先輩方、落書きありがとうございます!
    話の逃げ道に“運命”なんて言葉を出してしまう時代遅れの鴨ですが(笑)
    これに懲りずにまた遊びに来てください(^-^)。

    kawaさん、数学のK先生は、稲刈りの時期になるとお休みされていた
    めがねのあの先生です・・・私の一年の時の担任で、県外からのよそ者だった私に他の埼玉の子たちと変わらなく接してくれて嬉しかったんですよ。
    でも、そんなあの頃を思い出して切なくなっちゃって(なんて、がらにもなく・だは)
    消しちゃいました・・・ごめんなさい!読んでもらえたんですね・・・よかった。

    いいね

  9. kawasathihiko より:

    まったくkokeの話は何回か読み直さないと理解が出来ない(あっ、俺の頭が悪いだけか?)。素直にkajé の歌は素敵だよ!って言えばいいのにね(笑)。
    うん、和まされるってのは癒されるってことだ!歌で人を癒やすことができるってのは、どれだけの人の心を救っていることだろう?詩や小説じゃあかなわない。言葉には言語による障壁があるけれど音楽にはそれが無いものね!

    ところで、数学のK先生は若いKR先生だよね?

    いいね

  10. Koke より:

    今、面白い・うれしいとかの感覚は皆同じだと勘違いしてる人が急増してない?みんなが違ってて当たり前なのに。この誤解が怖い。話の逃げ道に運命なんて言葉出されたら最悪だよ。運命という言葉ができたの遠い昔。昔は仲間との話や本の中から世界を感じていた。誰にきけば良いかワカンナイ事が起きてもそれは当たり前だった。神に聞けないこと、祈れないことはよけいにそうだった。そこで「運命のなせる業」と言うしかなかったのだと思う。でも、今は地球規模で誰が何処で何したという話しが簡単に飛び交い、仲間は隣の人だけじゃない。今はワカンナイと思ったら誰か:地球上の誰かに:聞ける。聞くことは恥ずかしくない。話すことは人と人とが互いに考えるきっかけになるし、考えることは人を豊かにするし、見えている世界を広くもしてくれると思う。ただし、偶然は素敵だよ。未知なものこそ面白いんだよね。偶然万歳です。Kajeの新しい歌も聞くまで未知だから素敵?—いえいえ、毎回毎回声に和んでますよ。

    いいね

コメントは受け付けていません。