Some Things Last Forever

4 some things last forever - plan

 永遠なんてありはしない・・・そう思いながらも、いつまでも変わらない誰かや何かに再会するとほっとする自分がいる。

きっとそれは私一人じゃなく・・・移り行く世界の中で、永遠と思える何かを感じたら、それを守りたいから・・・進化し続けることと同じくらいに、自分の中の変わらない誰かを大事にしたいから・・・
——————————
今日の音  “Some Things Last Forever – 2013 Remaster” / written (for J & C) & produced  by kaje

今日のイメージ “Autumn Rainbow”  photographed & designed by kw (DLの入り口)

2014/1/8  DL配信は終了しました。

——————————-

 

広告

Some Things Last Forever」への10件のフィードバック

  1. Ike より:

    この空の色はすごい!もし虹が無かったらとても自然の色とは信じられないな。

    いいね

    • kajé より:

      でしょう? 実際にこの目で見た私自身信じられなかったもの!しばらく、なんだか夢を見てる気分でしたよ(笑)。瞼の裏にしっかり焼きついてるのに・・・今でも時折、あれは夢だったんだって思うくらい(笑)。こんな空の中を飛んでみたいよね!・・・って、更新しちゃったので消えてしまったけど(笑)。

      いいね

  2. kajé より:

    ☆川さん、こちらも急の寒波に見舞われてるんですが、その要因が川さんの寒いオヤジギャグだったとは(>_<)(爆)。PCで聞くよりいい音で聞いてくれたなんて、歌い手は幸せ!ありがとう!!

    ★junsun、ここに来てまで川さんを褒めるヤツ(笑)・・・懐いちゃってるよねぇ・・・私もだけど(^^ゞ。だは・・・

    ☆tanuちゃん、おぉ、tanuちゃんから写真へのコメント・・・嬉しくて今夜眠れない(マジ)。これはね、私がいるところは、砂漠系の土地で、山はないんだけど、こんな小高い丘、rolling hillって呼ばれるもの・・・樹は自然には生えなくて枯れた野生の草の絨毯みたいなもので覆われてるベージュの丘で囲まれている盆地なの。この写真はこの虹が発生した時に、我が家の裏口開けて撮ったもので、うちの玄関側にいったら、どんより黒い雲が一面に広がっていて、そこからの太陽が反対側の空と丘を金色に照らしてたの・・・びっくりした・・・虹はうちのほぼ真上にかかってて、窓からは見えないくらい近くてね。でもこの不思議な色あいが窓から飛び込んできて、扉をあけて真上に大きな虹を見た時は息を飲んだ。tanuちゃんにも見せてあげたかった。自然はすごいよね。

    ★ヨモギさん、お帰りなさい(笑)。ヨモギさんも、いつまでもヨモギさんのままでいてください。私はどっちにしろ、変わりようがなかったりするんですがぁ(苦笑)。落書き嬉しかったです!

    いいね

  3. ヨモギ より:

    変わらない、ということも大切なんですね。ありがとう! kajeさん♡

    いいね

  4. tanu より:

    何ちゅう写真!なんでしょか… これは、雪山なのかなぁ?
    それが、金色に輝き… 青空で虹なんて… 素敵すぎる瞬間でならない。
    歌に文章に ピッタリすぎる画、感動ですww 美しい自然よ永遠なれw

    いいね

  5. より:

    いつもPCでばかり聴いていたkajeの歌を、去年雑誌の付録で入手した「ヘッドフォンアンプ付USB-DAC」なるものににつないで聴いてみたら、PCだとこもりがちな音があらま!クリアに。OH!これは「ええん(永遠)」ちゃう!!

    はい、お粗末さまでした(寒)。

    いいね

  6. kajé より:

    ☆NOTEさん、素敵なお話ありがとうございます。信じる気持ちそのものが永遠なの鴨・・・継続は力なりってよく言うけど、意識しててもしてなくても何かを信じるから一つのことを続けられると思うんですよ・・・だったら、信じることがまず最初ですもんね?! この歌でこのお話思い出してくれたなんて嬉しいなぁ(#^.^#)

    ★junsun (あれ?”くん” がないぞ・笑)、辛かったね。寂しくなるね。でも、2年後の“お疲れさん”は心の中に届くよ・・・junsunの話読んでると私はそう思える。心からのお悔やみをそえて・・・話してくれてありがとう。

    いいね

  7. junsun より:

    Kaje先輩。。。
    わが社の社長が先週亡くなりました。入社以来 ほとんど怒鳴られっぱなしで居た様に思いますが、直近では懐かしそうに昔話をしかけてきたり、釣果自慢をしたり、、、、『おまえもそんなタバコ(ショートホープね)吸っているようでは止められないな』と 禁煙ブームに取り残された同志のような話をしたり。。。
    昨日まであんなに元気に話していたのに。。。
    永遠とは言わないけれど 。。。
    2年後には『お疲れさん』と言って定年への言葉を投げてもらえると思っていました。悲しいし、悔しいです。。

    昨夜は通夜式に参加しましたが、告別式には参加せず通常業務についています。多分 社長はそれを喜んでくれていると思うから。。

    ごめんなさい。。。不躾なら削除くださいね

    いいね

  8. note8080 より:

    心に響く言葉でした。
    その通りですね。
    例えばサンタクロース…
    こんなお話し。

    *:;;;:*゜。+☆+。゜+*:;;;:*:;;;:*゜

    少女は森の古木に尋ねた

    -サンタはどこから来るの?

    古木は答えた

    -サンタはね…
    -どこからもやって来ないんだ
    -サンタはね…
    -君の心の中に住んでいるんだよ

    少女は驚いて

    -私の心の中に?!

    古木は笑いながら

    -そう一年中…
    -いつも君の心の中にいるのさ
    -そしてこの季節だけ…
    -君の前に姿を現すというわけさ

    少女の目が輝いた

    -じゃ毎年逢えるのね?

    古木が頷いた

    -もちろんだとも…
    -君が信じている限り…永遠にね

    *:;;;:*゜。+☆+。゜+*:;;;:*:;;;:*゜

    いいね

コメントは受け付けていません。