The Only Thing To Do

4 only thing to do -Fmod

薔薇が美しい季節・・・見ないつもりでも目がそこに行ってしまう。香りにも誘われる。ふと気づくとぼんやりじっと見つめている。

前回のブログではギターの話で終わってしまったが、わけもなく過去を振り返る気持ちが歌のテーマだった。わけもなく心が動かされるといえば、恋心(=^・^=) 好きになっちゃいけないと意識したとしても、自分よりも、こねる理屈よりも、強い何かに導かれていく。愛に辿り着ければハッピーエンドでも、そうでないことの方がはるかに確率は高い(笑)。でも、そうやってたった一人の誰かに出会えるんだろうと思う。例え、そう信じた愛がはかなく終わったとしても、出会えたことに意味がある・・・今を大事に生きるというのはそういうことなんだなって・・・

誰かを好きになったらわけも理屈もなくていい・・・心のままに・・・どうせ勝ち目はないんだから(笑)。薔薇を見ているとそんな甘い切ない恋心を思い出す。心の起伏が薔薇の花びらのごとく開くようで・・・無理やり?(爆)

————–

今日の出し物 “The Only Thing To Do (vintage collection)” by kajé

今日のイメージ “Rose magic” photo & design by kw (DLの入口)

2014/7/17  DL配信は終了しました。

————–

2014/6/1 薔薇の画像でもう一曲・・・albums by kajé / June

2014/6/4  collaboration showcase・・・6月は楽しいkajé-mint

広告

The Only Thing To Do」への19件のフィードバック

  1. サイタ より:

    豚バラ大好き♪ 今度美味しい食べ方教えて!
    歌ブログの内容じゃないけど・・・

    いいね

    • kajé より:

      このページのコメントの下までいって、前のコメントというところをクリックすると、ヨモギさんが美味しそうな豚バラの料理を紹介してくれてるから、見てみてね。ネットで豚バラレシピとかで検索するときっとたくさんあると思う。冬は角煮や大根と一緒に煮込んだりするのもいいよね・・・薄切りでもそれを刻んでも、美味しいものが作れる。手に入らないのはとっても淋しい・・・

      いいね

  2. ヨモギ より:

    「チョー真面目な後輩」さま。祝誕生日メッセージをありがとうございます。どちらにお礼を書き込めばよいのかわかりませんで、kajeさんのコメント欄を拝借しました、ごめんなさい。また、まだまだお若くていらっしゃるkajeさんに、先走りコメントをしてしまいましたね。失礼しました

    ところで、そちらには薄切り肉がないとか。 塊を豪快に食す、ということでしょうか。

    いいね

    • kajé より:

      ヨモギさん、いえいえとんでもないです。お祝いの言葉とっても嬉しかったですよ!あらためて、ありがとうございます。

      こちらでは、薄切りと称していても、焼き肉用のスライスレベルがせいぜい。こま切れはメキシコ系の店で時折・・・でも日本のこま切れのようには柔らかくありません。アジア系のスーパー(このあたりにはありません)にいけば、すき焼き用とかしゃぶしゃぶ用の薄切りにも出会えます。ばら肉は塊もこのあたりではなく、中国系の店にいくと、どんとでかい塊が買えます。

      料理の概念の違いなんでしょうね。面白いです。牛肉の場合はスライスならステーキ用で、塊はロースト。豚のばら肉はベーコンになってしまうんでしょう。ほんのたまにばら肉のスライスしたものを見ますが、かなり厚切り(笑)。でも、見かけるとやっぱり買ってしまう。ばら肉独特の甘さがいいですよね。

      こちらには豚肉の塊を時間をかけて崩れるくらいに煮込んで、それを引き裂いて食べるというコンセプトがあります。それも美味しい!安いお肉でもトロトロになります。ああ、食べたくなってきた(笑)。

      私はそんな塊の安売りの時に、仕入れておいて、400−500g程度の大きさに切り分けて冷凍しておくんです。薄切りの料理を作る時にそれを小出しにして、数時間冷蔵庫の中で半解凍させて、まだ固いうちにスライサーで薄切りにします。そういえば、そういうお肉はもう使い切ってしまっていた・・・( ..)φメモメモ

      あ、長くなりました。今日の国際料理研究会の発表はこの辺で(爆)

      いいね

コメントは受け付けていません。