Never a Friend

4 never a friend-tentative

秋は人恋しい。縁は大事にしたい。友達には心を許したい。なのに、
心の中で立入禁止の立て札を打ち立てていることもある。友達?と疑問を持ち始めるきっかけが何であっても、そんな場所にたどり着けば、見えるものも見えなくなってしまうもの。今回の歌はそんな内容を歌っている。この曲にはモデルもいる。まだ日本にいた頃のこと・・・。

距離と時間の隔たりは時に物事の印象を歪ませる。お互いに理解できないわだかまりを感じながら、それをどう紐解けばいいのかわからずにいた。彼女からは言葉が途切れて、私はもんもんとした気持ちをこんな歌に託したり(苦笑)、その横で彼女が大好きな自分を困惑させたり・・・。付き合いが長くなれば、いい時も悪い時もある。でも友達であることには変わりがない。そんな単純明解なことを思い出せなくなっていた。

再び日本を出ることになって彼女にもう一度会いたいと思ったのが功を奏し、多分私の方が彼女よりはるかに思い込みに操られていたことをそれぞれが悟り、この歌も過去のものになった。でも、今もその時の私の未熟さを言い聞かせてくれる。どんな時も自分にとっての彼女との絆を疑うべきじゃなかったことを・・・

そんなエピソードは他にも一つ二つ、いや、もっと鴨(苦笑)。私は自分が望む程優しくもなければ思いやりもない。アーティスト気質で感受性が強いといえば聞こえはいいけれど、執拗にかたくなで頑固で不器用なだけ。なのに、こんな私を丸ごと受け入れてくれる本当の友達にも多く恵まれてきた。友情という名の愛のなせる業。いつの日か、それに値する誰かになりたい。

—————-
今日の出し物 “Never a Friend” by kaje

今日のイメージ ”No Trespassing” photo & design by kw (DLの入り口)

試聴・ダウンロード配信は終了しましたm(_ _)m

——————

歌詞+対訳

——————-

日本のみなさんには台風お見舞い申し上げます。どうぞご無事で!・・・kajé

広告

Never a Friend」への12件のフィードバック

  1. tamakiti より:

    そう、人間生きてると色々なつながりがありますが、
    友人の定義が一番あやふやかも
    ま~恋人ってのもあやふやだけど
    友人ほどじゃないよね
    こっちが友人と思ってるのに
    相手はそう思ってないと
    ちょっと寂しいわ
    逆は平気で気づきもしない
    いい加減な自分~

    いいね

    • kajé より:

      tamaさんの言う通り鴨!どっちの立場かで感じ方が変わるのも本当ですよね。ふられたり、別れたりっつうのがはっきりしてるわけじゃないし(笑)。一緒に考えてくれてありがとう!

      いいね

  2. kajé より:

    ★sae・junコンビ、のっけから盛り上げてくれてありがとう(笑)念じれば見えるようになるの?(爆) 知らなかったφ(..)メモメモ。気に入ってくれた文字ってことは・・・私そのものを気に入ってくれたってことかな(*´∀`*)。

    ☆サイタ・・・そうなの? んなことないでしょうに・・・友達って嬉しいよね。大事にしようね。

    ★junsun、ごますっても何も出ないよ(爆)

    ☆nanapuさん、ホントにこのところ災害が続いていて考えてしまうよね。でも、nanapuさんはもう私には何度も会ってるでしょ? 歌の中で・・・実際に私に会うよりずっといいよ(笑)地球はやっぱり広いよね。

    ★川さん、私の歌そっちのけで岡林さんの話題ですかぁ?(-“-) まぁ、確かに(爆)・・・その方が意味がある鴨!懐かしいなぁ・・・

    ☆ヨモギ姫、川さんに続いて同窓生らしく(笑)・・・じゃないね(笑)。そうですよ、私に見透かされてます・・・うそうそ。そんな風に聞いてもらえて本望です!

    いいね

    • nanapu より:

      あーー確かにね、どおりでなんかうれしいような、懐かしいような。
      声知ってるってすごいよね(#^.^#)

      いいね

  3. ヨモギ より:

    心がざわつくような曲調が、私にしっかり纏わりついて離れません。秋のせいでしょうか。いやいや、私の中の何かにカポッと嵌ってしまったのでしょうね。う~ん、kajeさんに見透かされている感じ(笑)

    いいね

  4. より:

    ぼくらがまだ中学生だったころ、岡林信康が「友よ」を世に出し「夜明けは近い、夜明けは近い」と皆で歌いまくっていたものだった。それは新宿の地下広場であったり、寺の境内だったり、学校の池のほとりだったり、若者はそこら中で歌っていた。

    果たして夜明けは来たのだろうか?来たけどまた日が沈みまた暗闇の中に放り込まれてしまったのか?
    やっとお日さまが顔を出したというのに、日本中、暗い話ばかり。
    岡ちゃん、はやく夜明けを見せてちょうだいな!

    いいね

  5. nanapu より:

    台風が思いのほか、すごいことになっていて、、地球はどうしちゃったんだろうって心配です。
    地球レベルで考えると一緒なんだけど、やっぱり、遠いお国に住んでいるkajeさん、、、。今度いつ会えるのかしらって考えたりするとさびしくなる、、。これは年をとってきたせいかしら、、。まだ、会ってないけど、、
    時々さびしい気分にもなるよ、、。近くても会えない人もたくさんいるんだけどね(^_^;)

    いいね

  6. junsun より:

    でしょでしょ、、、実は先輩って優しいんだよね。。

    いいね

  7. サイタ より:

    おいらも、友達には もらいっぱなし!

    いいね

  8. sae karu より:

    私だけ?日本語が見えない;;

    いいね

    • junsun より:

      saeちゃん
      ちゃんと念じてごらん、、、きっと見えるようになるから(笑)

      先輩、、おいら『執拗にかたくなで頑固で不器用』って文字がすんごく気に入ったよぉ。。歌詞が判ればもっと好きになるのかも(苦笑)

      いいね

コメントは受け付けていません。