Cry

4-cry-blog単なる思い込みかもしれない・・・

でも、誰にでも持って行き場のない叫びが心の奥にある気がする。

異例の事態や異常な天候が世界中で続く中で明けた今年は、さらに拍車がかかりそうな緊張感と不安定さに時間を先取りされているからかもしれない・・・

今、再び何かを叫びたい気持ちに苛まれている。

ちょっと目先を変えて気晴らしを…が自由に出来る性格ならいいものを(‘〜`;)

やっとやっとの1月のブログは、文字通り、そんな気分を音にしたこの曲。祝・新年の印はここそこに散りばめたのをいいことに(汗)、リリース中のオリジナルアルバム“hindsight”からのオープニングトラックで、遅い手抜きの(笑)綴り初。これまでのように寛大なお耳拝借m(__)m。

これが細く長く…につながることを何よりも祈りつつ、今年もどうぞご一緒に!

————–
今日の出し物 “Cry” (from album“hindsight” ) by kaje

今日のイメージ ”distorted hindsight” designed by kw(DLの入り口)
—————-

hs-kaje

 

ろまんす

4-%e3%82%8d%e3%81%be%e3%82%93%e3%81%99-luvi-duvi-vo-ver-win-edit

ホリデーシーズンは宴会の季節・・・(笑)。そういった社交生活はないに等しい今の私の暮らしだが、せめて歌の中でしばし現実から逃れてみよう(‘∀`)

続きを読む

Love Again

4-love-again-heartland-mix-2016

 

しっかり遅れてアニバーサリー・ブログ(‘〜`;)・・・ 8周年を迎えたとほぼ同時にアメリカの大統領選挙が行われた。前代未聞の選挙運動の展開と結果によって、国内はどんでん返し。この国の分裂、反対側への憎悪感が浮き彫りにされた。新大統領の動きが注目されプロテスト運動が続く中、様々な意味で “今日” が暗礁に乗り上げ、“明日” が脅かされている。人の理性の脆さ、忘れられた市民層、この国の痛みを思い知らされた今回の選挙。意識的にまだアメリカ市民権を選んでいない私には選挙権はないが、逆戻りしそうな差別や移民問題から、アジアからの移民としてここに留まることの意味を違った角度から意識させられた。 続きを読む

Rebel (eleven)

 

4-rebel-11-2016rmstr

1955年のちょうど今ごろ(10月27日)、“理由なき反抗 ”という映画がリリースされた。主演はジェームズ・ディーン。私は彼のその一作前の “エデンの東” がとても好きだった。 続きを読む

All the Luck in the World

4-all-t-luck-in-t-world-2016rmstr

 

運、不運は誰にでも訪れる。それに気づくか気づかないかは別として・・・

向いてきた運に気づけないのは悔やまれるけど、不運に無頓着なのは幸せなこと。 続きを読む